測定計測の基本と応用
HOME >> 測定計測の基本と応用(4-5投影機)

4-5投影機

投影機は被測定物をレンズ、ミラーなどを介してスクリーン上に拡大投影し、その輪郭の形状や寸法を検査・測定するものです。ねじ山の検査をするために、1890年にアメリカで初めて開発されました。
投影機の特徴は次の通りです。

投影機の特徴

被接触測定である

比較測定が可能である

微小寸法の測定が可能である

観察が容易である

投影機の各部名称
投影機の各部名称拡大表示

機械加工部分や金型などを拡大投影し透過照明で規定した倍率制度を持つレンズによる光学的に主に標準図形との輪郭比較で形状寸法の検査を行う『投影検査器』からきています。
投影機の構造は光学系の配置によって、光軸垂直型(V型)、光軸水平型(H型)、デスク型(D型)の3タイプに分かれる。

光軸垂直型
光軸垂直型
光軸水平型
光軸水平型
デスク型
デスク型

正立像と倒立像の違い
被検物の設置方向と投影スクリーン上の投影像は大きく二つのタイプに分かれます。

正立正像
投影像がステージ上の被検物と上下・左右の向き及び移動方向が全て一致する像

倒立像
投影像がステージ上の被検物と上下・左右の向き及び移動方向が逆になる像
正立像と倒立像の違い

測定計測の基本と応用