測定計測の基本と応用
HOME >> 測定計測の基本と応用(4-4三次元測定機)

4-4三次元測定機

三次元測定機の定義(JIS B7440)は、“互いに直行する案内と、案内の移動量を求めるスケールおよびプローブをもち、それぞれの移動量からプローブの三次元座標値を求めることができる機械”とされています。
三次元測定機には次の種類があります。

三次元測定機の種類

マニュアル方式 各軸の移動および測定の操作を作業者の手で行う

モータドライブ方式 各軸の移動および測定の操作をジョイスティックなどによる遠隔操作で行う

CNC式 各軸の移動および測定の操作をコンピュータによる数値制御で行う

マニュアル方式はコスト面で有利な反面、測定者による固有誤差が出易くなります。一般的に測定ロットが多い場合は、CNC式を採用することが多いといえます。

三次元測定機の精度評価

三次元測定機は“最大許容指示誤差”と呼ばれる指数MPEEで評価されます。
この規格はμmを単位として、以下3つのうちのどれかで表します。

三次元測定機の精度評価
マニュアル方式(汎用)
三次元測定機
マニュアル方式(汎用)三次元測定機
CNC三次元測定機
CNC三次元測定機
インライン三次元測定機
インライン三次元測定機
レーザー非接触タイプ
三次元測定機
レーザー非接触タイプ三次元測定機

測定計測の基本と応用