測定計測の基本と応用
HOME >> 測定計測の基本と応用(4-2ダイヤルゲージ・テストインジケータ)

4-2ダイヤルゲージ・テストインジケータ

ダイヤルゲージ

ダイヤルゲージは、先端に測定する端子(測定子)を持つスピンドルが、平行な直線運動を目盛板上の長針に回転運動として伝え、この長針がスピンドルの動いた量を円形の目盛板に表示する測定機です。小型で軽量な変位計として広く使用されています。

ダイヤルゲージ各部の名称
ダイヤルゲージ各部の名称拡大表示
デジタルインサイドノギス
デジタルインサイドノギス拡大表示
目盛タイプ
目盛タイプ
デジタルタイプ
デジタルタイプ

テストインジケータ(通称ピックテスト)

テストインジケータは、てこ式ダイヤルゲージとも言い、ダイヤルゲージでは測れないような狭い場所を測定する測定機です。テストインジケータは縦型、傾斜形、横形、ユニバーサル形があります。

テストインジケータ各部の名称
ダイヤルゲージ各部の名称拡大表示
縦型
縦型
傾斜型
傾斜型
横型
横型
ユニバーサル型
ユニバーサル型
テストインジケータの使用例称
テストインジケータの使用例

測定計測の基本と応用