測定計測の基本と応用
HOME >> 測定計測の基本と応用(3.測定機の選び方)

3.測定機の選び方

測定機を選択するポイント

このように測定において重要な役割を占める測定機ですが、その種類や用途、使い方はもちろん測定単位までさまざまです。
測定機の選択には次のようなポイントがあります。

測定機を選択するポイント

被測定物の求める精度による選択

被測定物の形状あるいは用途による選択

被測定物の材質や特性

測定場所の環境と目的

求められる精度ごとの代表的な測定器

被測定物の精度による選択には、次の4段階が一般的なところでしょう。
各段階において多用される代表的な測定機を以下に示します。

求められる精度ごとの代表的な測定器

スケール、巻尺 1mm単位の精度
【スケール、巻尺】

ノギス 0.1mm(100μm)単位の精度
【ノギス】

マイクロメータ/ダイヤルインジケータ、テストインジケータ 0.01mm(10μm)単位の精度
【マイクロメータ】
【ダイヤルインジケータ、テストインジケータ】

測定顕微鏡/三次元測定機/画像測定機/電気マイクロメーター 0.001mm(1μm)単位の精度
【測定顕微鏡】
【三次元測定機】
【画像測定機】
【電気マイクロメーター】

被測定物の形状あるいは用途による選択

被測定物の形状あるいは用途における、測定機の選択例を以下に示します。

  ノギス マイクロメータ ハイトゲージ デプスゲージ ダイヤルゲージ テストインジゲータ 三次元測定機 投影機 測定顕微鏡 画像測定機 形状測定機 表面粗さ測定機 真円度測定機 デジタイザ 硬さ試験機 バランシングマシン
外側の測定                    
内側と内径の測定                    
深さの測定                        
高さの測定                    
段差の測定                  
ピッチの測定                    
複雑な立体の測定                            
角度の測定                        
表面粗さの測定                            
形状の測定                        
真円度・円筒度等の測定                            
直角度・平面度の測定                          
歯車の測定                      
硬さの測定                              
回転体の不釣合いの測定                              

測定機の選択においては、このように【1】被測定物の精度による選択と【2】被測定物の形状あるいは用途による選択を組み合わせ、過去の実績やテスト測定などをもとに慎重に行う必要があります。

測定計測の基本と応用